目次・項目一覧 更新情報 編集途中 科学の書籍 サイトマップ

科学に佇む
お勉強ノート

似非科学/疑似科学 トンデモ
人はなぜオカルトを信じるの?


進化研究と社会 進化心理学・人間行動生態学
科学に佇む
記事倉庫


  情報・最近のニュース 過去記事

ーーーーーーー

トンデモ さらに略して「ト」

 本人はまじめでも、ハタから見れば「笑えるんじゃない?」というものを指す。
  「トンデモない」から来た名称。
 「と学会」の藤倉珊氏の定義によれば、トンデモ本とは
   「著者の意図したものとは
    異なる視点から読んで楽しめるもの」

とのこと。

 とりあえず、「ト」の中には疑似科学がたくさん含まれはするが、
「トンデモ」イコール「オカルト」や「チョー」だけではないよ、ということは押さておきましょう。

ある分野で地位を築いた人のトンデモ
  専門外のことについてとんちんかんなことを自信を持って書き散らす例。得た地位のプライドが、評価された専門以外のことでは自分は素人レベルである、という事実を忘れさせるらしい。
しろうと、孤立研究者のトンデモ
 自分一人で研究していて、専門家からの適切なツッコミがないまま突っ走ってしまう例。社長・院長・先生のような、まわりからのツッコミが届かなくなる地位・環境にいる場合、よりトンデモ度は深まりやすいようだ。
 また、「自分の本を出版した」素人がトンデモ発信で目立つ。「出版=自分の考えが世間から認められた」と勘違いするらしい。(出版社なんてけっこーいいかげんなもんなんだよ)
ブログ普及前の一時期、ニューエイジカルト系の会員制サイトがそれとは唱わずに
・いろいろな交信場で加入者を勧誘して回る
・「あなたのサイトは優良サイトに選ばれました」と相互リンクを求める

事例が頻発していたことがあります。(今もやってんのかな?)
  やるなとは言わないけれど、ニューエイジ系に心当たりがある人はちょっと気をつけておいたほうがいいかも。

 

疑似科学、似非科学

 科学の手法を用いているように見える、もしくは見せかけている、が、その実は「実証」に耐えうる理論はなく、科学の威光を借りている・装っているだけのまがいものたち、かな。
 霊感商法、セミナー商法、新興カルト教、”新理論”商品販売、などが濫用していることが多い。
 俗に「チョー」とも呼ばれる。

擬似科学の7傾向と5特徴

2003/01  The Chronicle of Higher Education  The Seven Warning Signs of Bogus Science
 1・ 論文ではなくまずメディアに登場
 2・ 自分は主流派に弾圧されていると考える
 3・ 主流科学の手法には限界があると考える
 4・証拠というよりエピソードレベルのものがよりどころ
 5・昔から沙汰されている事象だというだけで考慮に値すると考える
 6・孤立した研究
 7・論には今までにない自然法則が必要になってしまう

books  『怪しい科学の見抜きかた 嘘か本当か気になって仕方ない8つの仮説』 ロバート・アーリック・著 草思社 (2007/12/19) 8 PREPOSTEROUS PROPOSITIONS / 2003
エセ専門家のサイトは次のような特徴をもつ。
 1 エセ専門家はふつう自分が主張することのすべてに確信をもっている。
 2 自分の研究を頻繁に引用する。
 3 奇抜なタイトルで強い印象を与えようとする。
 4 自分の考えが学界から抑圧を受けていると述べる。
 5 明確な政治課題をもち、金銭的な動機をもっていることさえある。

books 「インターネットの心理学」
 p.105より  [ ] 内は私が追加

 数は少なくても、同じ意見をもつ世界中の人がオンラインの集団討議に参加すると、話し合いは偏見に満ち、集団成極化[偏り増加効果]の影響を受け、見解はますます極端な方向に向かうだろう。地球上のあちこちにいる同じ考えの小集団とやりとりすると、社会的比較のフレームワーク[常識感覚]は多少ゆがむに違いない。自分と一致した見解の持ち主だけでなく、突出した意見をもつ人にも出会えるので、人は自分の意見の正当性をたちまち過大評価するに違いない。考えが似ている人の助けを受け、人は少しずつリスクのある方向へ自ら進み、極端な見解をもつようになるのだ。中庸な見解に別れを告げるのである。

news 記事

  ここは過去記事置き場です:報道の経年変化を観察できます。
  リンク切れ記事は、記事のタイトルで検索すると移転先やコピーが見つかることがあります。
  ※ 『エキサイト翻訳』 ←グーグルより上手に無料で英語を日本語訳してくれるよ



2016年10月 ワイアード 宇宙人を本気で信じているアメリカ人たち
2016年7月 スラド 事故物件に住んだことのある人の1割以上が「おかしなこと」を体験している
2016-01 LiveScience The Real 'X-Files'? CIA Reveals Weirdest UFO Stories
2015-11 LiveScience Anti-Vaccination Websites Use 'Distorted' Science, Researchers Find
 反予防接種ウェブサイトは『ゆがめられる』科学使用、研究者は見つける
2015-11 BBC News Why don't people see the yeti any more?
 人々はなぜこれ以上雪男に会っていないか?
 近代化によって変貌するブータンの暮らし
2015-10 LiveScience Spooky Science: Paranormal Beliefs Linked to Fearful Worldview
 トンデモの科学:超常現象信念は、心配している世界観にリンクした
 カリフォルニア大  Christopher Bader
 アメリカ人の4割が、地縛霊のたぐいを信じ、4人に1人は死者と交信することは可能だと考えている。
 2割以上が予知夢がありえると信じ、1割は雪男の存在を支持。
 地球に宇宙人が来たことがあると信じるアメリカ人は2割
 超常現象ビリーバーは、概して「何に対しても人一倍不安を感じやすい人々:特に自然災害や犯罪に対する恐怖が強い」
 低学歴層でこの傾向が強い
2015-10 The Chapman University Survey on American Fears
2015-09 LiveScience Who Believes in Aliens? (Infographic)
 地球外知的生命体の存在を信じる:ドイツ、アメリカ、イギリスともに5割強
 まだ存在の証拠が得られないのは、
 遠すぎるから 58%
 人類の科学が未熟だから 57%
 人類が嫌われてるから 24%
 ETの科学が未熟だから 19%
 人類が進化する前にいっぺん来ちゃったから 19%
 政府が隠してるだけ 17%
 ETはすでに自滅しちゃった 6%

2015-09 LiveScience They're Out There! Most People Believe in E.T.
2015/08 AFP 「電磁波アレルギー」に障害者手当の受給認める、仏裁判所
2015/07 スラド 日本トンデモ本大賞2015、「私たちの道徳 小学五・六年生(文部科学省)」に決定
2015/07 AFP ネッシーの正体は巨大ナマズ?24年間観察中の「専門家」が見解  ヨーロッパオオナマズ
 ビクトリア朝(後期)に放流されたと考えれば、ネッシーが最初に話題を集めた1930年代には「十分に大きくなっていたはずだ」
2015/06 CNN.co.jp : NASAの「空飛ぶ円盤」、ハワイで飛行実験
2015/05 スラッシュドット ジャパン 月間ムー公認・オカルトかるた登場
2014/12 スラッシュドット ジャパン 米Scientific American誌、マーティン・ガードナー生誕100周年を特集
2014/07 スラッシュドット ジャパン 人を説得する際に科学的事実を並べるのは無駄?
2014/07 スラッシュドット ジャパン NASAの「空飛ぶ円盤」、ハワイ沖に墜落
 将来の火星有人探査に必要な降下装置「低密度超音速減速機」LDSD
2014/07 スラッシュドット ジャパン 「雪男の体毛」とされるもの、実際は動物や毛深い人間の体毛だった
2013/11 LiveScience How the Brain Creates Out-of-Body Experiences
幽体離脱
2013/10 National Geographic JP 「イエティの正体はクマ」の真偽は?
2013/08 CNN.co.jp : CIAが「エリア51」の存在認める、宇宙人への言及なし
2013/06 LiveScience ‘Skull’ Claimed as Rock-Solid Evidence of Bigfoot
魔女裁判
2013/06 LiveScience Witchcraft Accusations Lead to Torture, Murders
  魔法罪名は拷問、殺人につながります。
 パプアニューギニアなどの世界各地では、いまだに魔法と魔法の罪名が上昇中です、悲惨な結果で。
2013/04 Cultural transmission in young children: When social information is more important than non-social information
 幼児の文化の伝達: 社会情報が非社会情報より重要であるときに
 10と11歳の子供の2つのグループの中で社会情報(すなわち、ゴシップ)と一般知識の伝達を調査
 ゴシップが知識より頻繁に伝えられて、男子は女子よりゴシップを伝えそうである
2013/04 【日本語記事】National Geographic 4つの科学的な陰謀説、信者はいまも
2013/04 【日本語ブログ】アメリカで今も信じられている5つの科学的な陰謀説を検証してみた
2013/02 朝日新聞 シベリアの洞窟の体毛、イエティ説を否定 ロシア新聞
2013/01 EurekAlert False beliefs persist, even after instant online corrections
速攻でオンライン訂正を出しても、誤った信念は覆されない
 ネットの明らかに誤った情報に出くわすときには即時の修正をウェブサーファーに提供してください。
 しかし、新しい研究は、このタイプのツールが不正確な信念を晴らすための万能薬でないかもしれないと示唆します
 特に既に虚偽を信じていたがっている人々で。

2012/11 LiveScience 'Bigfoot' Is Part Human, DNA Study Claims
2012/11 LiveScience Why We See Jesus' Face in Toast
なぜ私たちはトーストに、イエスの顔を見て
一部の人々は、彼らが存在していない顔を見て、なぜ宗教や超自然の強い信念が説明できるかもしれない。
2012/10 Paranormal believers and religious people are more prone to seeing faces that aren't really there
超常現象や宗教の信仰者にはランダムドットに顔を見出す人が多い。
2012/10 朝日新聞 雪男の確率「60〜70%」 西シベリアで発見の体毛
 ロシアの西シベリア・ケメロボ州で米ロなどの研究者が昨年秋に洞窟で見つけた毛
2012/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
 西シベリアで発見の体毛は雪男である確率60〜70%
2012/10 BBC News Psychic pair fail scientific test
サイキックペアが科学的テストに失敗
大学の研究者は、2つのプロのメディアの能力をテストし、彼らが精神的な力を持って示すことができない見つける。
2012/10 【日本語記事】BioToday 
 予期能力は確かに存在するようだ/メタ解析
2012/09 Is it just a brick wall or a sign from the universe? An fMRI study of supernatural believers and skeptics
超常現象の信者と懐疑論者で脳活動に差異がみられる部位は右下前頭回。

2012/10 LiveScience ESP & Psychic Powers: Claims Inconclusive
ESP&サイキックパワーズ:未確定請求
数十年にわたる研究にもかかわらず、超感覚的知覚のための科学的な証拠はとらえどころのないまま。



The Believing Brain: From Ghosts to Gods to Politics and Conspiracies ? How We Construct Beliefs and Reinforce Them as Truths
●信じる脳:幽霊から神様まで、そして政治と陰謀論?我々は、信念をどのように構成し、それを真実として補強していくか。
 Michael Shermer (著)
 Times Books (2011/5/24)


 マイクル・シャーマー、「脳は信念エンジンである」と喝破する。
  「信念バースト!」
 信念がいったん形成されると、脳は、その信念を支持する補強証拠ばかりを環境から漁り始めるようになる。

2012/01 Evolutionary Psychology
 【PDF】The human brain as an evolved rationalization machine
A review of Michael Shermer, The Believing Brain: From Ghosts to Gods to Politics and Conspiracies ? How We Construct Beliefs and Reinforce Them as Truths
By Cook, C. L..


2012/08 What motivates rejection of (climate) science?
 1つ以上の陰謀説に加入したか、または強く自由市場経済を支持した人は、他の科学と同様に気象科学からの調査結果をより拒絶しそうでした。
2012/08 LiveScience Why Do People Believe in UFOs?
なぜ人はUFOを信じますか?
 現実には奇妙なものを信じる信念と知性とは何の関係もない

2012/07 日本経済新聞 「雪男の正体はヒグマ」 青森の登山家が調査
 根深誠さん(65)が最終的な調査結果をまとめた本「イエティ」を出版
 ヒマラヤ雪男(イエティ)の正体はチベットヒグマ
2012/07 時事通信 「人魚は存在しません」、米政府機関が公式サイトで
 米国立海洋局 (National Ocean Service)
2012/07 LiveScience Mermaids Don't Exist, NOAA Website Notes

2012/06 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 
多くのアメリカ人が「オバマ大統領はエイリアンと戦うのにより適している」と答える
 対立候補ミット・ロムニー氏よりもエイリアンと戦うのに向いている
2012/06 LiveScience One-Third of Americans Believe in UFOs, Survey Says
アメリカ人の三分の一はUFOを信じて、調査は言う
新しい調査では、UFOの中の信仰が広まっていることを検出し、
そのオバマ大統領はロムニーがエイリアンの侵略を処理するよりも準備と見なされます。

2012/05 BBC News DNA to shed light on yeti claims
イエティの主張に光を当てるためのDNA
英国、スイスチームは、 "雪男"と "ビッグフット"から来ていると主張して遺跡の起源を調べるために遺伝子検査を使用することです。
2012/05 LiveScience The Surprising Origin of Alien Abduction Stories
エイリアンアブダクションストーリーの意外な起源
 エイリアンに誘拐された数百万人のアメリカ人。この現象の火元はどこ?

2012/03 LiveScience US Military Seeks Sixth Sense Training
米軍は、シックス·センストレーニングを募集
新しい米軍のプログラムでは、直感に関連した学習に基づいて、その兵士のすべての間に戦場第六感を養うことを目指しています。
2012/03 LiveScience Americans More Likely than Canadians to Believe in Bigfoot
ビッグフットを信じて、カナダ人よりも可能性が高いアメリカ人
新しい世論調査では、アメリカ人はスコットランドがなおさら英語以外のネス湖の怪物を信じている一方で、ビッグフットを信じて、カナダ人よりも可能性があることがわかった。
陰謀論やトンデモを奉じる心理
 陰謀を信じる力は、完全に矛盾した情報でもふつうに信じ込めるほど強力です。
2012/01 Believing the impossible and conspiracy theories
 政府に関する不信とパラノイアは伝統があります
 そして、エリートの共謀があるという感覚は当局とクレームのための容疑につながることができます。
 いくつかに関しては、陰謀説のアトラクションが非常に強いので、それは、
 彼らが完全に相容れない信念を是認するように導きます。
 陰謀説を是認する人々は、当局が基本的にあてにならないとみなします。
 「オフィシャル・ストーリー」が虚偽であるという信念のおかげで、代替理論に矛盾があろうとも信じることができるのだ
2012/01 読売新聞 未確認大型類人猿「ビッグフット」、真剣に研究
 北米にいるとされる未知の大型類人猿
 米アイダホ州立大が世界初の専門の電子版学術誌を開設
2011/11 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 放射能を検知できる (と主張する) 人たち、続々と現れる
2011/11 11/11/11: Anthropologist debunks doomsday myths
人類学者は「終末の日」の神話をすっぱぬかせます。
それって、古代マヤ族のカレンダーのではなく、コロンブスの秘宝とフランシスコ修道士の宣教師の発案であった2012年の終末論の神話の一部です
2011/07 【日本語ブログ】5人に1人は「エイリアンが地球に暮らしている」と信じている事が明らかに
 エイリアンの存在を信じている人が多い国トップ10
 インドが45%でダントツ、次いで中国の42%、そして日本は29%となんと3位に
2011/06 ABC@オーストラリア God or ET? You decide
マイケル・シャーマーに言わせりゃ「神も宇宙人も根は同じ」
2011/05 The odds are against ESP
流れは超能力に不利に出た
 本当に、人々は未来予知できますか?
 新しい統計的手法は超感覚的知覚が存在しているという主張を支持しません。
■【日本語ブログ】「迷信を生む2つの仕組み」をマイケル・シャーマーが徹底解説(日本語字幕版)
2011/03 BBC News UFO files reveal 'Rendlesham incident' papers missing
2011/03 【日本語記事】ワイアードビジョン 「体外離脱感覚」を誘発する薬物:ケタミン
 ドラッグとしても使用される麻酔薬「ケタミン」は、体外離脱感覚をかなりの高率で引き起こす
2011/01 【日本語ブログ】NASAが選んだ “ありえない” SF映画、1位は「2012」
2011/01 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン NASAが選ぶ科学的に最も根拠がない映画は「2012」
2010/12 EurekAlert Queen's study debunks myth about popular optical illusion
シルエット・イリュージョン Silhouette Illusion は右脳左脳にも、性格にも関係ないぞ
 なぜか出回っている都市伝説
2010/12 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン ニュージーランド政府、UFO関連ファイルを公開
2010/10 Scary chupacabras monster is as much victim as villain
チュパカブラは悪人と同じくらいたくさん犠牲者にされております
 ハロウィーンで大人気
 死骸を研究し、疥癬の極端なコヨーテであると結論
2010/11 【日本語記事】National Geographic UMA“チュパカブラ”の正体とは?
2010/10 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 冷戦時代の米ソの核兵器、UFOによって使用不能にされていた?
2010/09 EurekAlert K-State research project offers insight into superstitious behavior
 宿命や運を信じている個々の人々は、死に直面するとあっさり迷信をかなぐり捨てるらしい
2010/06 【日本語ブログ】口蹄疫へのホメオパシー的対処  草の根で広がった欧州のホメオパシー的対処
2010/05 ABC@オーストラリア Ball lightning could be 'all in the mind'
雷球とは幻覚なり?
2010/05 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 数学者 マーチン・ガードナー氏逝去
追悼:Martin Gardner氏(1914〜2010年)
2010/06 Nature Obituary: Martin Gardner (1914--2010)
doi:10.1038/465884a
2010/04 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン
 5 人に 1 人が宇宙人の存在を信じている ロイター調べ
 中国やインドで、回答者の 40 % 以上が「宇宙人はすでに地球に住んでいる」と答えた
 宇宙人が地球に住んでいることを信じている男性は 22 % だったのに対し、女性は 17 %。
 宇宙人の存在を信じている人の多くは 35 歳以下。
2010/04 【日本語ブログ】人間のふりをして地球で暮らす宇宙人の存在を信じる大人は中国やインドに多い
O−リングテストが受けられる認定医
2010/02 【日本語ブログ】
ニセ科学批判に多様性・自由性は存在しない。
2010/02 ヒトiPS細胞初期化3遺伝子利用経口不老不死薬 - 特開2008−163042 | j-tokkyo
2010/02 【日本語ブログ】イギリスでは3人に1人の子どもが「先生は宇宙人」だと信じている

中国に蔓延するトンデモ科学やエセ医学はなんとかならんのか 〜ランセット社説
2010/01 BBC News Tackle science fraud, China urged  
2009/12 朝日新聞 不思議に挑んで30年 雑誌「ムー」長寿の謎に迫る
2009/12 BBC News 'Jesus-era' burial shroud found
'イエス-時代'の聖骸布発見
 トリノの聖骸布とはえらいちゃいまっせ
2009/12 【日本語記事】National Geographic 新発見の埋葬布、トリノ聖骸布は不利に
2009/12 National Geographic Shroud of Turin Not Jesus', Tomb Discovery Suggests
'イエスではなく、トリノの聖骸布、'墓の発見は示されます。
2009/12 【日本語記事】ワイアードビジョン 「ノルウェー上空に謎の螺旋」はミサイルの失敗?
2009/11 【日本語サイト】 Togetter(トゥギャッター) - まとめ「ニセ科学フォーラム 2009」
2009/11 New Scientist DARPA: Inventing this side of the impossible
DARPAとジャンクサイエンス
2009/11 【日本語記事】ワイアードビジョン 映画を超える?「米軍の超能力・麻薬研究」
2009/11 【日本語記事】2012年地球滅亡説は「でっち上げ」、NASAが異例の声明発表  AFPBB News
「トリノ聖骸布」の複製に成功
2009/10 BBC News Scientist reproduces Turin shroud
 キリストの顔の布イメージが模造品であるということを証明
2009/10 reuters Italian scientist reproduces Shroud of Turin


Bad Science
●悪い科学
 Ben Goldacre (著)  Fourth Estate Ltd (2008/9/1)

 ホメオパシーの迷路やワクチンのデマ、科学音痴の報道陣、民間療法や医薬品通販、陽気にバサバサ「悪い科学を切りまくる」痛快本 だそうです


2009/08 【日本語記事】ネス湖のネッシー、ついに衛星で発見される! 本格調査を求める公式見解も... : Gizmodo
2009/08 【日本語ブログ】企業が推進する「ニューロコンサルティング」「ニューロマーケティング」とやらは、現時点ではただの「神経商法」に過ぎない - 大「脳」洋航海記
2009/08 【日本語記事】スラッシュドット ジャパン 量を考えないメソッド
「系統的バイアス」というものが非専門家な人達には存在します。それも実にさまざまなジャンルに渡って。
で、その中で非常によく観察されるのが、この手の「量を考えない」考え方です。
WHO曰く、ホメオパシーは治癒にあらず
エイズ、結核、マラリアなどの患者はホメオパシー治療に依存しないように、世界保健機関の警告
2009/08 BBC News  Homeopathy not a cure, says WHO
科学的にゾンビ・アタックを考えてみますた
2009/08 BBC News Science ponders 'zombie attack'
「金縛り」の正体を解明する新たな研究
  2009/08 【日本語記事】ワイアードビジョン 
2009/08 【日本語ブログ】科学というゲームをプレイするなら
科学というゲームプレイで従うべきルール・やってはいけないこと
ecological niche modelling
雪男を捜すなら、生態学的なニッチェのモデル化をご利用なさい
2009/07 New Scientist Bigfoot's likely haunts 'revealed'
2009/06 【日本語記事】ラエリアンムーブメント、ラスベガスにUFOランドを建設予定
2009/03 BBC News Alien encounters: UK opens official UFO files
エイリアンとの遭遇:英国、公式のUFOファイルを公開 UFO files show 'close encounter'
なんだなんだ 日本人は「血液型性格判断」なんてぇもんやってるらしいぞ
2009/02 PhysOrg In Japan, you are what your blood type is
 去年の日本のベストセラーが「B型自分の説明書」だってぇんだから
2009/01 【日本語記事】ワイアードビジョン 米軍の超能力研究を推進した上院議員:死亡記事に有名人2人が対立
 故Claiborne Pell氏

→過去記事のアーカイブへ進む

------

------

  ブログ

ーーーーーーー

科学に佇む記事と心理学
お勉強ノート

似非科学/疑似科学 トンデモ
人はなぜオカルトを信じるの?


進化心理学・人間行動生態学
科学のニュース
記事倉庫

目次・項目一覧 更新情報 編集途中 科学の書籍 サイトマップ

PR
【楽天市場】デジカメ市場
【楽天市場】
デジカメ市場
PR
【楽天市場】パソコン・家電・AV
【楽天市場】
パソコン・家電・AV
PR
【楽天市場】ペットグッズ市場
【楽天市場】
ペットグッズ市場
PR
【楽天トラベル】
【楽天トラベル】
旅行・出張・チケット
PR

【楽天】健康
ダイエット・福祉・介護

[ サイトマップ ] 

 mail

.