【 発達 心理 医療 細胞 進化 科学 生態 文化 ほか 】

集積場所 に収納する前の一時的な記事置き場です


精神病 発達障害 妊娠 家族心理 老化 *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

うつ/自殺       



2019年11月 脳の炎症に作用するTSPOを標的とした新たな抗うつ薬候補を発見
 マウスの実験で確認 広島大学 九州大学
 脳の炎症に作用する TSPO の阻害薬が抗うつ効果を持つことを発見
2019年11月 BioToday 自殺の報道方針が守られていない〜14項目のうち遵守されていたのは平均7つ
2019年10月 BBC News Narcissists 'horrible people but happy'
 ナルシスト「恐ろしい人だが幸せ」
彼らは恥知らずな注意喚起者かもしれないが、ナルシストはまた幸せな人々である可能性が高い。
2019年11月 ワイアード ナルシストはストレスを感じにくく、うつ病になりにくい:研究結果

2019年11月 抗炎症薬は抑うつ症状を安全かつ効果的に改善し、標準の抗うつ薬との併用により改善効果はさらに高まる
 RCT26件のシステマチックレビューとメタ解析
 Efficacy and safety of anti-inflammatory agents for the treatment of major depressive disorder: a systematic review and meta-analysis of randomised controlled trials.

〓〓〓〓〓〓〓〓 うつ-=-=-=-=-=-=-=-=

統合失調症       





〓〓〓〓〓〓とうごう〓〓

●精神保健 1



〓〓〓〓〓めんへる〓〓〓

自閉        1



2019年11月 自閉スペクトラム症と嗅覚
 嗅覚誘発脳波の評価によって嗅覚処理の後期に認められた脳活動の違い 国立精神・神経医療研究センター 東京大学
 匂いを嗅いでいる際の脳活動の時間的・領域的違い 違いは楔部や後帯状皮質などの領域の活動
2019年11月 財経新聞 発達障害・自閉スペクトル、嗅覚脳波に差異 支援の手掛かりに 東大らの研究

2019年11月 EurekAlert Autistic adults thought they were 'bad people'
 人生の後半に自閉症と診断された50歳以上の多くの人は、自分が悪い人であると信じて育ちました。
 50代の自閉症と診断された経験について9人の成人にインタビューしました。 参加者は52〜54歳でした。
 子どもの頃、一部の参加者は友人がいないことや他の人から孤立していることを語り、大人としてはなぜ人々が違う扱いをしたのか理解できませんでした。 いくつかは不安とうつ病の治療を受けていました。

【2019年11月 英国アングリア・ラスキン大学/ニューズウィーク】
人生の後半になって自閉症と診断されたアラフィフ達「自分は悪い人間だと思いこんで育ってきた」と語るhttps://t.co/JEeKWzyH5Q
50代の自閉スペクトラム成人9人にインタビュー
子ども時代の孤立,のちにうつ病にも

— 科学に佇むサンクコスト (@endBooks) 2019年11月8日

承前:アングリア・ラスキン大学側の記事 ↓
Autistic adults thought they were 'bad people'
中年以降に自閉スペクトラムだと診断されることhttps://t.co/j8fFqGquo5
自認が非人間、異星人となるほどの人生の苦しみの謎が解けて開放される反面、支援窓口がないことが悩みに

— 科学に佇むサンクコスト (@endBooks) 2019年11月8日

2019年11月 BioToday 胎児期にアセトアミノフェンをより多く被った子はADHDや自閉症を生じやすい

〓〓〓〓〓〓〓〓 自閉-=-=-=-=-=-=-=-=

ADHD        



2019年11月 報酬系のサイクル:ADHD治療に関する新たな知見 沖縄科学技術大学院大学
 メチルフェニデートが脳内のドーパミン系とどのように相互作用するか
2019年11月 BioToday 成人のADHD(注意欠如・多動症)有病率が10年間に倍増/米国カリフォルニア州
2019年11月 BioToday 胎児期にアセトアミノフェンをより多く被った子はADHDや自閉症を生じやすい
2019年10月 BioToday ADHD小児の診断・診察・治療方針を米国小児科学会が発行

〓〓〓〓〓〓〓〓

発達障害 



2019年11月 BioToday 遮音ではなく音とともに幼少期を過ごすことで脆弱X症候群の音過敏を癒やしうる
2019年11月 自閉スペクトラム症と嗅覚
 嗅覚誘発脳波の評価によって嗅覚処理の後期に認められた脳活動の違い 国立精神・神経医療研究センター 東京大学
 匂いを嗅いでいる際の脳活動の時間的・領域的違い 違いは楔部や後帯状皮質などの領域の活動
2019年11月 財経新聞 発達障害・自閉スペクトル、嗅覚脳波に差異 支援の手掛かりに 東大らの研究

2019年11月 BioToday 胎児期にアセトアミノフェンをより多く被った子はADHDや自閉症を生じやすい
2019年10月 発達障害をもつ子どもの不安が日本においても高いことを確認  徳島文理大学 神戸大学 鳥取大学
 国内の6〜12歳の発達障害をもつ子どもを対象に、これまで国内では定量化されていなかった不安の高さを調査
 自閉症スペクトラム障害(ASD)をもつ子どもにおいて特に不安が高い

LD 




〓〓〓〓〓〓〓〓

●ストレス 



2019年11月 朝日新聞 妊婦の働きすぎ、母子にリスク 高血圧症や子の発育不全
2019年11月 国内の失業率1%上昇するごとに、77万人超の腰痛有訴者が増える可能性
 影響は女性で1.02倍増大  東北大学
2019年11月 BioToday 子供の頃に悲惨な目にあった大人はより苦しむ
  米国の成人14万人超(144,017人)を調べたところ、子供の頃に悲惨な目にあうことと成人してからの体調不良、健康に悪い振る舞い、苦境(無保険、失業、低学歴)が関連しました。


〓〓〓〓〓PTSD〓〓〓

妊婦/早産        1



2019年11月 豪州ABC Viagra could be a 'game changer' for pregnant women
 オーストラリアの薬物試験は、勃起不全薬が緊急出産で終わる出生数を劇的に減らすことができることを示しています。
2019年11月 朝日新聞 妊婦の働きすぎ、母子にリスク 高血圧症や子の発育不全
2019年11月 黄砂飛来の数日後に常位胎盤早期剥離が増加
 人を対象とした疫学研究の成果  国立環境研究所 九州大学 東邦大学
 子どもが生まれる前に胎盤がはがれてきてしまう

黄砂飛来の数日後に常位胎盤早期剥離が増加
【2019年11月 国立環境研究所/九州大学/東邦大学】https://t.co/SlZWiqtuG3
子どもが生まれる前に胎盤がはがれてしまう早期剥離:通常発生率は全妊婦の1%ほど
出産の1〜2日前に黄砂が飛来していると発生率が約5割増しに

— 科学に佇むサンクコスト (@endBooks) 2019年11月8日

2019年11月 EurekAlert Gut microbiome of premature babies is associated with stunted growth
 未熟児の腸内微生物叢は発育阻害に関連している
2019年11月 BioToday 胎児期にアセトアミノフェンをより多く被った子はADHDや自閉症を生じやすい
2019年10月 妊娠中の働き方と出産までの母子の健康状態との関連について 名古屋市立大学
 早産は、夜勤がありその回数が比較的少なく、かつ労働時間の短い場合、すなわち非正規雇用者が多い勤務パターンでのみ増え
 インド標準時に産科の専門誌「Birth(出生)」に掲載
 妊娠中後期に週 36 時間以上の勤務で、かつ、夜勤回数が比較的少ない人の間で妊娠高血圧症候群が多い
  週 36 時間以上の勤務者では、夜勤がなくても出産の進行に補助の必要な分娩(吸引・鉗子分娩)が多い
 妊娠初期に週 46 時間以上かつ夜勤ありの勤務者の赤ちゃんには胎児発育不全が多い

〓〓〓〓〓にんぷ〓〓〓

児童:教育・乳幼児突然死症候群  2+SNS3



2019年11月 Nature  学習に最適な難易度とは
 学習者の正答率を約85%に保つようにトレーニングの難易度を調整すると、学習が最も急速に生じる



日本は経済的豊かさと子どもの貧困が同居する奇妙な社会 https://t.co/MSRQahhmNG「学用品の所持数を基準にした日本の15歳の子どもの貧困率は、先進国で最も高い」。こういう分析をしたことがあります。

— 舞田敏彦 (@tmaita77) 2019年11月9日



〓〓〓〓〓こ〓〓〓

家庭環境・授乳       記事1 SNS1




2019年11月 BioToday 子供が何人かいる家族は一人っ子家族より食事方針がより健康的〜肥満も少ない
2019年9月 Nature Human Behaviour 
  家庭内暴力犯罪に対する修復的司法情報に基づく治療のランダム化比較試験
  24か月にわたるランダム化された設計を使用
  家庭内暴力犯罪の典型的な治療に修復的司法情報に基づいた慣行を追加すると、新しい逮捕と犯罪重症度スコアが大幅に減少します。
2019年9月 ストレスフリーな採取・分析法の開発により新生児の匂いを化学的に解明
 匂いによる親子の絆形成との関係解明に期待  筑波大学 浜松医科大学 岩手大学 神戸大学
 化学分析結果から赤ちゃんの頭の「におい」を模した調香品を作って、出生後の時間経過による「におい」の変化や羊水の「におい」との違いを人(ヒト)がどの程度識別できるか





〓〓〓〓〓〓〓〓 家庭=-=-=-=

●月経/更年期 



2019年11月 BioToday 男性のテストステロン使用と静脈血栓塞栓症(VTE)リスク上昇が関連
2019年10月 財経新聞 テストステロンの投与は女性の運動能力を大幅に高める


〓〓〓〓〓 閉経 〓〓〓

老化      1 上下



2019年11月 老化を誘発する仕組みを解明 グリシン摂取が老化の緩和に有効である可能性  筑波大学





〓〓〓〓〓〓〓〓ろうか-=-=-=-=

アルツハイマー    



2019年11月 認知症の精神症状に非薬物療法が有効
 マッサージやタッチケアなどの非薬物介入が薬剤より有効である可能性が示唆された。カナダ
 Comparative Efficacy of Interventions for Aggressive and Agitated Behaviors in Dementia: A Systematic Review and Network Meta-analysis.
2019年11月 Science まれなケースからアルツハイマー病抑制のヒントが見つかる
  リスク遺伝子APOEを標的とすることでアルツハイマー病を予防または治療する可能性

〓〓〓〓〓〓〓〓 ボケ-=-=-=-=-=-=-=-=

●寿命/死/アポトーシス 2



2019年11月 110歳以上の超長寿者が持つ特殊なT細胞 スーパーセンチナリアンの免疫細胞を1細胞レベルで解析 理化学研究所 慶應義塾大学
 特殊な T 細胞である「CD4陽性キラーT 細胞」
 スーパーセンチナリアンでは、免疫システムの司令塔の役割を果たす T 細胞の構成が 50~80 歳と比べて大きく変化している
2019年11月 BioToday ランニングはたとえ僅かでも死亡リスク低下と関連する
2019年11月 BioToday 不規則な体の揺れが多い高齢者ほどやがて生活の質を害しやすく、死にやすい



〓〓〓〓〓じゅみょう〓〓〓
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

home