【 発達 心理 医療 細胞 進化 科学 生態 文化 ほか 】

集積場所 に収納する前の一時的な記事置き場です



性差 ジェンダー 医療 生理 *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

●脳・心の性差 



2019年11月 BioToday 男児と女児の脳の数学処理に差なし

↑ 

●ジェンダー  SNS2 記事1






↑ ジェンダー〓〓

●恋愛     上下








↑ れんあい〓〓〓

●性犯罪    上下



2019年12月 朝日新聞 ストーカーの加害者治療わずか2割 先駆け茨城 原因は




↑ せいはんざい〓〓〓

●インポ/性交  1



2020年01月 兵庫医科大学 父親の殺虫剤への曝露が児の男女比に影響
 父親がパートナーの妊娠前に仕事で週1回以上、殺虫剤を使用していると、出生児全体に占める男児の割合が低くなる
 Paternal occupational exposure to chemicals and secondary sex ratio: results from the Japan Environment and Children's Study.

『父親が仕事で殺虫剤や医療用消毒剤を使用している場合、生まれてくる子供の男児の割合が低くなることが分かった』『医療用消毒剤についても週に1回以上使用した父親の子供は男児の割合が低いという統計学的に有意な結果が得られた』(兵庫医科大学,大学ジャーナル2020/1/7)https://t.co/JY3pBXqMck

— 恋愛市場の崩壊を憂う福島 Кᠯсї로ө大学1年 (@kenkensz9) 2020年1月7日

2020年01月 EurekAlert Zinc, folic acid supplements fail to enhance male fertility
 亜鉛、葉酸サプリメントは男性の生殖能力を高めることができません
 実験グループの男性は対照グループの男性に比べて、腹痛または腹部不快感・吐き気・嘔吐などの胃腸障害を多く訴えていた
2020年01月 BioToday 男性の不妊治療で葉酸や亜鉛を補給しても生児出生率は改善せず〜むしろ有害

↑ せい〓〓〓

性差医療 1 




↑ 性差医療

医療・社会 人種差  3



アメリカ人の平均体温の低下(スタンフォード医療センター)https://t.co/fh7pHynFtR
南北戦争軍人の医療記録まで遡って調べている。
生活スタイルが変化して代謝量減ってるとか仮説立ててるけど、いまのところ謎 pic.twitter.com/McxUd5GJOY

— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2020年1月8日

2020年01月 朝日新聞 抗生物質の6割、効果ない風邪などに処方 自治医大調査
2020年01月 豪州ABC New wearable patient monitoring technology a 'potential game-changer' for nurses
 新しいウェアラブル患者モニタリング技術、看護師にとっての「潜在的なゲームチェンジャー」

↑ 医療

運動  座位  exercise sport



2020年01月 BioToday  テストステロン処方は性機能障害の治療に限るとの方針を米国内科学会が示した
2020年01月 BBC News Running marathon cuts years off 'artery age'
 ランニングマラソンは「動脈年齢」を何年も短縮します
2019年12月 BioToday ストレッチは走りやすくもしないし怪我も防がない〜それより慣らし運動が有効
2019年12月 BioToday 複雑な運動の際の信号は運動野が独自に作るのではなく複数の脳領域で作られる








代替医療       



2020年01月 National Geographic JP 世界に広がるヨガ、記憶や集中力にも効果?


プラシーボ+ホメオパシー 




━━━気象医学━━━━━━気象医学



●睡眠/体内リズム 2上下



2019年12月 BioToday 人の途切れ途切れの睡眠と認知機能障害の関連にマイクログリア活性化が寄与
2019年12月 BBC News What's the best colour lighting for sleep?
 睡眠に最適な色の照明は何ですか?
一般的な信念に反して、スクリーンからの青い光はそれほど悪くないかもしれない
2019年12月 BioToday 寝すぎは脳卒中を生じやすくする



↑ ねむり 〓〓〓

●喫煙 上下



2020年01月 BioToday 子供が欲しがる味付け電子タバコ液充填済みカートリッジを米国が禁止
2019年12月 世界の喫煙者、男性で初めて減少の見込み WHO喫煙レポート
 WHO global report on trends in prevalence of tobacco use 2000-2025, third edition
2019年12月 BioToday 電子タバコ使用関連肺損傷患者51人の9割超(94%)から酢酸ビタミンEを検出
2019年12月 AFP  米、喫煙年齢を21歳に引き上げ 電子たばこ人気抑制へ
2019年12月 BioToday 米国でタバコを買えるようになる年齢が21歳に引き上げられる
2019年12月 BioToday 電子タバコ使用と慢性肺疾患リスク上昇が関連
2019年12月 AFP  電子たばこで肺病発症率が1.3倍に、紙巻きたばこは2.6倍

E-cigarettes significantly raise risk of chronic lung disease, first long-term study finds https://t.co/Kqgiv08rx7 via @ucsf @EurekAlert #EurekAlertTrending #smoking #vaping #Carcinogens

— EurekAlert! (@EurekAlert) 2019年12月16日

2019年12月 ワイアード 「電子たばこの禁止」は、かえって事態を悪化させる
 喫煙者を闇市場や低品質な製品へと導く
2019年12月 ワイアード 電子たばこが全米の中高生に大流行、校内で吸う生徒と学校との攻防は続く

2019年12月 BioToday 米国の高校生の3人に1人が電子タバコを含むタバコ使用者
2019年12月 BioToday 喫煙の死亡リスクの高さを強調する所要時間1分の説得で禁煙率が改善



世界各国の15歳以上の喫煙率、2016年

中国では男性は53%ながら女性は2%に留まる。 pic.twitter.com/UQdmzx2lOJ

— Spica (@Kelangdbn) 2019年11月6日


↑ たばこ=-=-=-=-=

酒 



2020年01月 BioToday 禁酒で心房細動の再発が減る


アルコール依存症の人の診察すると、10人のうち11人がストロングゼロを飲んでいるってくらいに、みんなストロングゼロ飲んでる。 https://t.co/3uMipLUASv

— 🍀いちは🍀 (@BookloverMD) 2020年1月1日


↑ さけ〓〓〓〓

食品  2 上下



2020年01月 EurekAlert Zinc, folic acid supplements fail to enhance male fertility
 亜鉛、葉酸サプリメントは男性の生殖能力を高めることができません
 実験グループの男性は対照グループの男性に比べて、腹痛または腹部不快感・吐き気・嘔吐などの胃腸障害を多く訴えていた
2020年01月 BioToday 男性の不妊治療で葉酸や亜鉛を補給しても生児出生率は改善せず〜むしろ有害
2020年01月 BBC News Food 'made from air' could compete with soya
 「空気から作られた」食品は大豆と競合する可能性がある
2020年01月 BioToday  高脂肪食の母から生まれた雌マウスの乳癌をヒドララジン+バルプロ酸が防ぐ
2020年01月 大学ジャーナル 規則正しい食事でアレルギー症状改善の可能性、山梨大学が発見

2020年01月 LiveScience Diet Soda May Be Hurting Your Diet
  蓄積された証拠は、ダイエットソーダのような人工甘味料が、体内の代謝プロセスを変え、健康を混乱させる可能性があることを示唆しています。
2020年01月 BioToday 砂糖の摂り過ぎとADHD等の食事と精神病の関連の仕組みを調べる必要がある
 砂糖が多い食事はADHD(注意欠如・多動症)を増やし、野菜や果物は防ぐようですが、そのような食事と精神状態の関連の仕組みは殆ど分かっておらず
2020年01月 BioToday まともな料理番組を子供に見せることで体に良い食べ物を選ぶようになる

大量に食事すると人の身体はどうなるかhttps://t.co/7T5llWB3TZ
胃が満杯になって満腹中枢に信号行ってるのにまだ食い足りない感(胃が膨らんでるせいじゃなくてパブロフの犬みたいに条件反射もある)という話。
クリスマスのご馳走食べる前に気を付けろ的な記事だけど、正月過ぎた日本人はかなりこれ

— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2020年1月4日

Study: Children who drank whole milk had lower risk of being overweight or obese https://t.co/22iUofdmSK via @UnityHealthTO @EurekAlert #EurekAlertTrending #Pediatrics #Obesity

— EurekAlert! (@EurekAlert) 2019年12月30日
全乳を飲んだ子供は、低脂肪牛乳を飲んだ子供と比較して、太りすぎや肥満である確率が40%低い
 この調査結果は、肥満のリスクを減らすために、2歳から始まる全乳の代わりに低脂肪牛乳を子供に摂取することを推奨するカナダおよび国際的なガイドラインに挑戦しています。セントマイケルズユニティヘルス病院トロント
2019年12月 BioToday マグネシウム摂取量が多い閉経女性は冠動脈心疾患による死亡を被り難い
2019年12月 咀嚼にともなう脳血流増加の神経メカニズムを解明  東京都健康長寿医療センター
 歩行するときに認知機能に重要な大脳のマイネルト神経という神経細胞が活性化されて、大脳皮質の血流量が増える
 咀嚼でも、マイネルト神経が活性化されて大脳皮質の血流量を著しく増加させる
 咀嚼が高齢者の脳機能維持に重要
 筋が収縮しなくなる薬を投与してから咀嚼野の刺激をすると、筋は動かないにもかかわらず、脳血流は薬の投与前と同じように増加した
 自分の意志で咀嚼しようとするとき、認知機能に重要なマイネルト神経細胞が活性化し、大脳皮質の広範な領域で血流量が増加する

都道府県のラーメン店の分布と脳卒中死亡率には強い相関があるという研究。 / “Ramen restaurant prevalence is associated with stroke mortality in Japan: an ecological study | Nutrition Journal | Full Text” https://t.co/5XtvS9xInD

— 前田敦司 (@maeda) 2019年12月25日

2019年12月 BioToday 肥満の脂肪組織の炎症や脂肪量をグルタミン補給で減らしうる
2019年12月 茶カテキンが遺伝子発現に関わるタンパク質機能を制御する新たな仕組みを解明
 京都府立医科大学 東京大学 大阪大学
2019年12月 朝日新聞 昆虫食、アフリカで進む技術革新 味も結構いけるんです
2019年12月 BBC News Vegans 'need to be aware of B12 deficiency risk'
 ビーガンは「B12欠乏症リスクを認識する必要があります」
 神経損傷につながる可能性のあるB12欠乏症は、症状を引き起こすのに3〜4年かかる傾向があります。通常、最初に手や足にピンや針が現れます。
2019年12月 BioToday スナック等の超加工食品をよく食べる人は2型糖尿病を生じやすい

Here's a bitter pill to swallow: Artificial sweeteners may be doing more harm than good https://t.co/X1wEo5E6e5 via @UniversitySA @EurekAlert #EurekAlertTrending #Diabetes #Nutrition

— EurekAlert! (@EurekAlert) 2019年12月18日
低カロリー甘味料(LCS)は、体重が増加する可能性が高い
 米国の5158人の成人を7年間にわたって研究した結果、大量の人工甘味料を摂取した人は、非使用者よりも体重が増えた
 人工甘味料の消費者は、砂糖の全体的な摂取量を減らしません。砂糖と低カロリーの両方の甘味料を使用し、心理的に自分の好きな食べ物にふけることができると感じるかもしれません
 人工甘味料は腸内細菌も変化させるため、体重増加と2型糖尿病のリスクにつながる可能性があります








肥満・食欲     2/



2020年01月 BioToday 生まれながらの過体重指標・血漿レプチン上昇で肥満に陥りやすく
2019年12月 BioToday 絶食習慣で頭も体も良くなる
 毎日16-18時間絶食を保つかカロリー摂取量を500カロリーとする日を毎週2日設ける絶食習慣(intermittent fasting)は記憶機能・血圧や心拍などの心血管指標・運動機能・インスリン感受性や腹部脂肪等の糖尿病/肥満指標を改善したり組織損傷を抑制して手術転帰を改善しうることが動物やヒトの試験で示されています。 
2019年12月 BioToday メトホルミンは摂食抑制ホルモンGDF15を増やして体重を減らす
2019年12月 BioToday 肥満の脂肪組織の炎症や脂肪量をグルタミン補給で減らしうる
2019年12月 BioToday 2030年には米国成人の約2人に1人が肥満

Here's a bitter pill to swallow: Artificial sweeteners may be doing more harm than good https://t.co/X1wEo5E6e5 via @UniversitySA @EurekAlert #EurekAlertTrending #Diabetes #Nutrition

— EurekAlert! (@EurekAlert) 2019年12月18日
低カロリー甘味料(LCS)は、体重が増加する可能性が高い
2019年12月 BioToday 低〜中所得国の3に1つが被る栄養不足と肥満の二重苦を減らす取り組みが必要
2019年12月 BBC News Poorest countries facing both obesity and malnutrition


〓〓〓〓〓〓〓〓 ひまん=-=-=-=
〓〓〓〓〓〓〓〓
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

home