【 発達 心理 医療 細胞 進化 科学 生態 文化 ほか 】

集積場所 に収納する前の一時的な記事置き場です


地球温暖化 生物多様性 生態系 *---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

温暖化     3



2019年11月 LiveScience The Arctic's Most Stable Sea Ice Is Vanishing Alarmingly Fast
 北極圏で最も安定した海氷は驚くほど速く消失している
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Watch the Arctic’s sea ice slowly disappear
 35年にわたる海氷の収縮を視覚化する研究者
2019年11月 海洋酸性化により北西太平洋の一酸化二窒素放出量が増加 海洋研究開発機構 東京工業大学
2019年11月 財経新聞 海洋の酸性化が一酸化二窒素増加を招く、従来の見解覆す発見 東工大などの研究

2019年11月 BBC News Ice loss causing Arctic to reflect less heat
 北極のアルベド効果が減少する主な理由は、雪と氷の被覆の喪失であり、以前考えられていたすすではありません。
2019年11月 ユーラシア大陸の気候メモリ効果が北極温暖化に伴う冬の寒波を強める
 長期気候変動におけるフィードバックメカニズムの一端を解明 北海道大学 新潟大学
2019年11月 Science  温暖と融解と亀裂
  急速な氷棚の崩壊は、メルトウォーター生産の対応する急速な増加によってのみ引き起こされる可能性があります
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS New reactor could halve carbon dioxide emissions from ammonia production
 新しいリアクターは、アンモニアの生産による二酸化炭素の排出を半減させる可能性があります。
2019年11月 豪州ABC 11,000 scientists declare climate emergency, warning world faces 'catastrophic threat'
 11,000人の科学者が気候の緊急事態を宣言、世界は「壊滅的な脅威」に直面していると警告
11,000人を超える世界中の科学者が、気候の緊急事態を宣言する科学論文に署名
世界中の政府に対する行動を求める抗議運動を支持
2019年11月 BBC News 気候変動の危機的状況は「明らか」、最新報告書、科学者1.1万人が支持表明
2019年11月 BioToday 気候の緊急事態を科学者が宣言〜6つの分野での必要な対策を示す

〓〓〓〓〓〓〓〓 温暖化=-=-=-=-=

生態系・環境     



2019年11月 豪州ABC The earth's sixth mass extinction event is underway. So are humans to blame?
 地球で6回目の大量絶滅イベントが進行中です。 それでは、人間は非難されるのでしょうか?
2019年11月 湖底でガラスの層が急速にできるメカニズムを解明
 太陽活動を反映した藻の繁殖量の変化が鍵 高知大学 名古屋大学
2019年11月 毎日新聞 オオムラサキ、ノウサギも絶滅の危機に 里山の荒廃原因か
  オオムラサキ、絶滅の危機 ノウサギ、ゲンジボタルも 環境省など報告
2019年11月 Science 海洋における大陸由来の有機物の行方に関する鉱物学的制御
 大陸起源の土壌生成起源の有機物が、遠位の海洋環境での放出、分散、および堆積時にスメクタイト鉱物表面から剥ぎ取られる
  対照的に、雲母と緑泥石と密接に関連している古代の岩石を起源とする有機物は、海洋の領域で存続します。
2019年11月 Science 豊作年の種子で熱帯樹木を救う計画
2019年11月 Science 未解明の石油流出がブラジルの海洋保護区を脅かす
 ブラジル連邦警察は、7月下旬にブラジルを通過したギリシャのタンカー、ブーブーリナから流出したと考えています。 これは、海岸沿いの石油の分布に基づくコンピューターシミュレーションと一致しています。

水田が排出している温室効果ガスは平均的サイズの石炭火力発電所1200個分 https://t.co/FnqiNvYJ2K 水田の乾燥後に再び水を張る時にN2O発生。大気内で化学反応し数年で消えるCH4と違いN2Oは残留期間100年、長期的にはCO2の300倍の温室効果あり。稲作に水田は不要、効率良く雑草を防ぐ手段に過ぎない

— Spica (@Kelangdbn) 2019年11月11日

2019年11月 National Geographic Rare cancers spreading among sea creatures have scientists perplexed
 いくつかの悪性腫瘍は、さまざまな海洋種間でジャンプする可能性があります。これは、一連の最新の発見により、がんに対する理解が変わったものです。
2019年11月 National Geographic JP  伝染性のがん、世界各地のムール貝で見つかる
2019年11月 BioToday  工場やその他の汚染源近くの緑化で大気汚染物質が27%減る
2019年11月 工業原料を作る微生物を土から探す新技術  化学製品の脱石油化を促進 京都工芸繊維大学
 工業原料として知られるイタコン酸を作る微生物を土壌から効率よく探す技術
2019年11月 National Geographic Deadly virus spreads among marine mammals as Arctic ice melts
 北極の氷が溶けるにつれて致命的なウイルスが海洋哺乳類に広がります
  気候変動が悪化すると、科学者たちは、ウイルスがヨーロッパの海域でしか発見されなかったために、米国西海岸にspread延するのではないかと恐れています。
2019年11月 BBC News Climate change: Sea ice loss linked to spread of deadly virus
2019年11月 National Geographic JP  大量死ウイルスが拡大、北極の海氷減少で? 研究
2019年11月 AFP  センザンコウ、需要急増で危機に アフリカ南部での保護訴え

北海道で初雪の直前に浮遊する「雪虫」は冬の到来を告げる風物詩。今年は札幌など各地で視界を防ぐほど大量発生し、北海道立衛生研究所の伊東拓也研究員の見積もりによると「平年の10万倍」にものぼります。大量発生の理由とは?https://t.co/uJuyu8CMnn pic.twitter.com/2RY0zMKqDZ

— ウェザーニュース (@wni_jp) 2019年11月7日

2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS This Fungus Makes Snakes Look Like Mummies. It Just Turned Up in California.

2019年11月 National Geographic JP  北極にプラスチックが集まっている、なぜ?
 フラム海峡の海氷に積もった雪からは、1リットルあたり1万4000個ものマイクロプラスチック粒子
 大西洋を北に向かう海水がここで冷えて沈むことで、大西洋南北熱塩循環(Atlantic Meridional Overturning Circulation:AMOC)という強力な海流システムが発生するが、プラスチックは水に浮くので、その場所に残る
2019年11月 National Geographic JP  気候変動で植物が巨大化、水不足の原因に
2019年11月 日本経済新聞 シシャモ、食卓から消える? ノルウェーが2年連続禁漁
 北欧産が国内流通の9割以上を占めるが、大産地のノルウェーが10月、資源保護のため2年連続で禁漁とすることを決めた
 国内在庫は半年分しかない
2019年11月 豪州ABC Rat hamburger shortage risks world class ecosystem
 ラットのハンバーガー不足は、世界クラスの生態系を危険にさらしています。
  このflood濫原は生態学の温床です-しかし、大洪水はあまりにも多くのネズミを溺れさせたかもしれません。

森林火災の後に真っ先に成長するキノコpyrophilous(焼跡菌)。それ以外の時期や火災の間はどこにいる不明だった。
地衣類の中に入り込んで火災の熱を生き延びているという「ボディスナッチャー仮説」の検証https://t.co/9QwEspFyD9

— ゆきまさかずよし (@Kyukimasa) 2019年11月2日
2019年11月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS ‘Bodysnatching’ fungus hides inside its neighbors between blazes

2019年10月 ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上
 島根県の宍道湖でネオニコチノイド使用開始と同時にウナギ漁獲量が激減
 千葉工業大学 東京大学 産業技術総合研究所

[プレスリリース] ウナギやワカサギの減少の一因として殺虫剤が浮上 島根県の宍道湖でネオニコチノイド使用開始と同時にウナギ漁獲量が激減―新領域創成科学研究科https://t.co/DkFNwhvNZk

— 東京大学 | UTokyo (@UTokyo_News) 2019年11月1日
2019年11月 EurekAlert-Science  日本の宍道湖での漁業がネオニコチノイド使用の1年後に破綻
2019年11月 Science ネオニコチノイド系殺虫剤による食物連鎖の撹乱がもたらした漁獲量の減少
2019年11月 National Geographic How the world’s most widely used insecticide led to a fishery collapse
 世界で最も広く使用されている殺虫剤が漁業の崩壊につながった方法
  ネオニコチノイドは日本の湖のプランクトンと魚を一掃し、世界中の水生生態系を害している可能性が高いと、新しい研究が示唆しています。
2019年10月 AFP  ブラジル・パンタナル湿原で大火災 生物多様性の高さで世界有数
2019年10月 Nature 環境科学:湖の植物プランクトンのブルーム強度は1980年代以降広範にわたり全球的に増大した Widespread global increase in intense lake phytoplankton blooms since the 1980s
2019年10月 BBC News 'Alarming' loss of insects and spiders recorded
 昆虫とクモの「警報」損失
 ドイツでは何百もの異なる蝶、虫、空飛ぶ昆虫が減少 一部の昆虫種は絶滅への道を進んでいます
 しかし、イエバエやゴキブリなどの一部の昆虫種は上にあるようです。
2019年10月 Nature  節足動物の個体数、生物量、多様性の広範にわたる減少
2019年10月 Nature 保全:昆虫の減少の確かな証拠 Robust evidence of declines in insect abundance and biodiversity
2019年10月 Nature 保全:草原および森林の節足動物の減少は景観レベルの駆動要因と関連している Arthropod decline in grasslands and forests is associated with landscape-level drivers
2019年10月 National Geographic Why does the Arctic have more plastic than most places on Earth?
2019年11月 National Geographic JP  北極にプラスチックが集まっている、なぜ?
2019年10月 AFP  除草剤ラウンドアップ訴訟が米で急増、4万件超 独バイエル発表
2019年10月 AFP  2度の気温上昇でトカゲの食習慣に変化、実験で明らかに 英論文
2019年10月 地球温暖化により北日本のコンブが著しく減少する可能性を予測
 沿岸生態系の海洋生物多様性や生態系サービスに負の影響 北海道大学
 多くの種で 2090 年代までに分布域が北上し,日本の海域から消失する種もある
2019年10月 National Geographic Turtles are being snatched from U.S. waters and illegally shipped to Asia
 カメは米国海域から強奪され、アジアに違法に出荷されています
 トウブハコガメが生殖年齢に達するまでに5年以上かかる可能性があるため、多数のカメを除去すると個体群が急速に崩壊する可能性があることを恐れています。
2019年10月 Science/アメリカ科学振興協会AAAS Some spots on Earth are too hostile for life
 地球上のいくつかのスポットは、生命にとって敵対的です
 エチオピアの温泉池と南極の砂漠の研究により、生命の限界が特定されています
2019年11月 スラド 水がある星でも地球外生命体が生きられるとは限らない
 水が存在したとしても、極度の塩分と強酸性がそろった環境ではどの細菌も生き延びられない
2019年11月 LiveScience Scientists Find a Spot Where No Life Can Survive. That's Bad News for Alien Hunters.


*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*
*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*---*

home